経済相が日本を訪問

森山裕農林水産大臣と会談するアブラウン・ゴルジェル大臣

3月にルワンダで開催されたアンゴラ・ジャパン・ビジネス・フォーラムのフォローアップ及び同フォーラムの共同主催者として、アンゴラ共和国のアブラウン・ピオ・ドス・サントス・ゴルジェル経済大臣が12月3日から9日まで訪日した。

日本での滞在中、ゴルジェル大臣は林幹雄経済産業大臣、森山裕農林水産大臣、星野剛士経済産業大臣政務官、木原誠二外務副大臣、逢沢一郎日本・アフリカ連合友好議員連盟幹事長、西川公也日本・アンゴラ友好議員委員会会長との会談を行った。

また、ゴルジェル大臣は滞在中に、大使ならびにSADC外交ミッションの首脳とともに朝食会に参加し、セミナーではアンゴラの経済多様化プログラムについてのスピーチを行った。そのセミナーには60か国から108名が招かれた。

ゴルジェル大臣は、国際協力銀行 (JBIC) など複数の日本企業および金融機関との会談も行い、さらに、かわさき新産業創造センター (KBIC) を訪れ、そこでは三浦淳副市長から歓迎を受けた。

情報発信元: 在アンゴラ日本国大使館

続きを読む →
0

米国、アンゴラ共和国にアフリカ大湖地域国際会議の留任望む

写真:ANGOP

2015年11月18日、ジョージ・レベロ・チコティ、アンゴラ共和国外相とアメリカのジョン・ケリー国務長官がワシントンで開催された会談の中で、アフリカの治安問題、アンゴラとアメリカ間の二国間関係、フランスで開催される天候変動の会議について協議した。

ケリー国務長官は、国際テロなど様々な地球規模の問題について意見交換を継続する意思があることを強調した。

チコティ外相はアンゴラと米国が二国間協力の下、活動をしていくことを強調した。最近首都ルアンダにアメリカ農務省の事務所が開設された事を例に挙げた。

アメリカはアンゴラが五大湖地域国際会議( ICGLR )の議長として重要な役割を果たしていることから、留任を望んでいる。

資料提供: ANGOP, Jornal de Angola

続きを読む →
0

アンゴラ中央銀行(BNA)が新しく50及び100クワンザ硬貨を発行

新しく発行された50及び100クワンザ硬貨 / 写真提供: リノ・ギアマリャエス

11月9日に新しい50及び100クワンザ硬貨がアンゴラ中央銀行(BNA)より発行されました。これらで2012年に発行された1 、5 、10、20クワンザ紙幣及び50セントを含む新しいシリーズのアンゴラクワンザを完成させました。

発表の式典ではホセ・ペドロ・デ・モライスBNA総裁が今年は経済成長の低迷及び原油価格やアンゴラへ輸出している主な製品の突然の急落にも関わらず、流通貨幣が増えており、特に硬貨や小額紙幣の利用に顕著である、と述べました。

これらの新しく発行された硬貨はアンゴラ共和国独立40周年の記念に相応しいものとなりました。

Source: ANGOP

続きを読む →
0

クスムア社会福祉・社会復帰大臣が友好関係を強化するために 日本を訪問

塩崎恭久厚生労働大臣とジョアン・バティスタ・クスムア社会福祉・社会復帰大臣 / 写真:駐日アンゴラ共和国大使館

ジョアン・バティスタ・クスムア社会福祉・社会復帰大臣が10月20日~26日まで日本を訪問された。今回の訪問目的は、両国間の友好と絆を強化するだけでなく、日本企業が従事しているアンゴラの鉱山プロジェクトの協力を確認するためでもある。

滞在中に塩崎恭久厚生労働大臣、濱地雅一衆議院議員、加藤宏JICA理事やその他外務省の高官、国会の議員等と会談した。

また、広島へ訪問の際は「広島平和記念碑」を訪れ、花輪を手向けた。

出典:駐日アンゴラ共和国大使館

続きを読む →
0

新ルアンダ空港が2017年に開港

ルアンダ国際空港 / 写真: JAIMAGENS

アウグスト・ダ・シルバ・トマス運輸大臣は新ルアンダ国際空港の建設工事が2017年4月に完了すると公表した。

同大臣は10月26日、工事の進行状況を把握する目的でアンゴラのホセ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領と共に新ルアンダ国際空港へ視察に訪れた際、このことを明らかにした。

同新空港はルアンダ中心部から40km離れた場所に位置し、敷地面積は1,324ヘクタール以上になる。設備としては31本のパッセンジャー・ボーディング・ブリッジ (PBB) 、世界最大の民間航空機エアバスA380の受け入れも可能な2本の滑走路、1,500台以上を収容できる地下駐車場、その他インフラ設備が充実する予定で、年間利用客数1,500万人を見込んでいる。

出典: アンゴラ・プレス (ANGOP)

続きを読む →
0

大臣が企業家に綿花生産への投資を呼びかけ

ベルナルダ・マルティンズ産業大臣 / 写真: アンゴラ・プレス (ANGOP)

ベルナルダ・マルティンズ産業大臣が国内外の投資家にマランジェ州の綿花生産への投資を呼びかけた。政府支援の下で再建を図るクアンザ・ノルテ州、ルアンダ州、ベンゲラ州にある3大繊維工場への支援が目的である。

マランジェ州が開催した投資促進国際会議で大臣は繊維工業が再生、拡大、近代化を図る中、アンゴラは現在ベンゲラ州のÁfrica Têxtil、ルアンダ州のTextang 2、クアンザ・ノルテ州のSatecの3社の為に綿花を輸入している現状を記者に伝えた。

同大臣はマランジェ州がかつて国内最大の綿花生産地であったこと、また綿花の輸入を終了し国内生産の拡大を進める為には投資家に投資を考慮してもらう必要がある旨を述べた。

また、アンゴラ政府は投資を希望する企業家を支援する為、水、電力、道路など必要なインフラ設備が整った工場用地を造る計画を立てていることも付け加えた。

出典: アンゴラ・プレス (ANGOP)

続きを読む →
0

世界エネルギー執行委員会会合にアンゴラが出席

アフリカ電気事業連合会 (APUA) 会長 アントニオ・ベルサ・ダ・コスタ氏 / 写真: アンゴラ・プレス (ANGOP)

アフリカ電気事業連合会 (APUA) のアントニオ・ベルサ・ダ・コスタ会長率いるアンゴラ代表団が世界エネルギー執行委員会会合と世界エネルギー首脳会議 (10月26日~30日) に出席する為アディスアベバに入った。アンゴラはAPUAにて2014年より3年の任期で議長を務めている。

このイベントに合わせ、アンゴラ国営電力会社のCEOでもあるAPUAの会長は、アフリカ連合でインフラ・エネルギー部門の理事を務めるイルハーム・マフムード・アフマド・イブラヒム博士およびアフリカ内電力会社の最高責任者らと会談する予定だ。

かつてアフリカ電力生産送電配電企業連合(UPDEA) と呼ばれていたアフリカ電気事業連合会 (APUA) は1970年に、アフリカの人々に電力をより安定的に手ごろな価格で供給する為アフリカ内の電力会社を結集する目的で設立された。本部はコートジボワールのアビジャンに置かれている。

出典: アンゴラ・プレス (ANGOP)

続きを読む →
0

ルアンダでSADC中央銀行総裁会議が開催

アンゴラ中央銀行 ホセ・ペドロ・デ・モライス総裁 / 写真: JAIMAGENS (アーカイブ)

アンゴラの首都、ルアンダで10月28日から30日の3日間、第41回南部アフリカ開発共同体 (SADC)中央銀行総裁会議 (CGCB) が開催される。

会議では主に金融政策、銀行監督、金融・資本市場、国際金融関係、賃金体系、決済・清算、養成、情報システム、資金洗浄に焦点が当てられる。

南アフリカ準備銀行 (SARB) 総裁が中央銀行総裁会議 (CGCB) の常任議長を務めている。中央銀行総裁会議 (CGCB) は1995年に南アフリカの中央銀行同士の密接な協力関係を促進及び達成させる為の特殊構造のニーズに対応する為に設立された。

出典: アンゴラ・プレス (ANGOP)

続きを読む →
0
Page 1 of 4 1234