LNGプロジェクトを年内再開に向けて

液化天然ガスプロジェクト(アンゴラLNG)は、技術的な問題を解決し、年内にも再稼働する予定だ。アマデウ・アゼヴェド石油担当長官によると、ザイレ州ソヨ市にある当プラントは、現在、全システムの検査と改良を行っており、2017年までに産油量を現在の180万バレルから200万バレルへの増産を見込んでいる。

Source: ANGOP

0