国内80地区以上の電気供給整備を発表

PHOTO: CEDIDA

電気委員会(IRSE)、ルイス・モウラォン・ダ・シルバ最高責任者は、ポルトガル語諸国共同体 (CPLP)での電力開発委員会で、2017年までにアンゴラ国内86市町村に向けて電気供給を整備し、2025年までにアンゴラの電気供給量を現在の33%から60%に引き上げる国家電力計画を発表した。

アンゴラは、現在の2013-2017年国家計画のもと、電気供給の再開発と地方への電気供給計画に33億ドルを拠出している。

Source: ANGOP

0