1.2万キロに渡る主要道路の修復が完了

写真:ペドロ・パランテ

道路環境再整備計画のもと、2005年より始まった国内の主要道路12,400㎞の修復が完了したと、建設分野の取り組み発表ワークショップにて、アントニオ・ヘセンデアンゴラ道路公団会長より発表があった。

上記修復済の道路を含む計画対象の主要道路26,000㎞のうち、今現在7,800㎞が修復され、5,600㎞を残すのみとなった。同時に国内233の橋が既に修復され、327の新しい橋が建設中、900が建設計画であることもあわせて発表された。

Source: ANGOP

0