アンゴラ開催による財務大臣と中央アフリカ銀行総裁の会議

ルアンダ港の一景 / 写真: Clemente Santos

8月27・28日アフリカ諸国の財務大臣と中央銀行総裁会議、ならびにアフリカ会議(African Caucus)をアンゴラで開催する。当会議では、アフリカ各国の財務大臣、計画大臣、中央銀行総裁をはじめ政権上層部が一同に会し、現在のアフリカ経済の重要課題であるインフラ構築と産業化について意見交換する。

6名の有識者を招いての会議では、地域経済、経済改革や多様性についての概要、インフラ関連の各地域プロジェクトの資金調達についてなど2015年アフリカ会議での合意事項についての議論が行われる。

アンゴラは、2014年9月スーダン共和国ハルツームでの会議で、2015年度のアフリカ会議グループのリーダーに正式任命を受けた。

また、アフリカ会議は、世界銀行グループと国際通貨基金(IMF)総裁で構成され、アフリカ各国の銀行総裁がブレトン・ウッズ機構においてアフリカの社会経済発展に関連する重要課題への発言権の強化を目的に1963年設立された。

Source: ANGOP

0