新労働法が施行される

新しい労働法が今年の6月15日に成立し、9月14日に施行された。雇用と社会保障における行政長官、アゴスティニョ・ドス・レス・アマンディオ(Agostinho dos Reis Amândio)氏によると、この新しい法律制定の主な目的は社会正義や、さらなる雇用の創出を促進することで、経済成長の増進を図ることだという。

アゴスティニョ・ドス・レス・アマンディオ氏は、この新しい法律に関して専門家会議で、旧労働法は、歴史的、社会経済や政治的背景から現法とは異なり、この理由から新しい法的枠組みが整備され、雇用主と従業員の間や職場において、より責任や尊厳がもたらされるであろう、と語った。

Source: ANGOP

0