リベリアがアンゴラの連携を賞賛

リベリアや西アフリカ諸国でのエボラ出血熱流行中におけるアンゴラのジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領の連携に対し、火曜日にルアンダでリベリアのエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領の特使がコメントした。

聴衆の前でジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領により招き入れられたボイマ・ファンブレー氏は、メディアに対し、西アフリカで流行したエボラ出血熱への対処において達成された進展に関してアンゴラの国家元首に説明する機会を設けた、と語った。

特使はさらに、リベリア大統領の代理としてアンゴラを訪れ、エボラ流行時の支援をアンゴラの指導者に感謝を述べに訪問した、と話した。

アフリカ諸国間における政治の不安定性に関する質問に対し、ボイマ・ファンブレー氏は、その問題に関してもジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領と話し合った、と答えた。また特使は、アンゴラがこれまで国内で抗争問題を解決してきた、その経験は、アフリカのいくつかの国でも平和を保つための良き道筋となるだろう、と強調した。

出典:アンゴラ・プレス(ANGOP)

0