ルアンダでSADC中央銀行総裁会議が開催

アンゴラ中央銀行 ホセ・ペドロ・デ・モライス総裁 / 写真: JAIMAGENS (アーカイブ)

アンゴラの首都、ルアンダで10月28日から30日の3日間、第41回南部アフリカ開発共同体 (SADC)中央銀行総裁会議 (CGCB) が開催される。

会議では主に金融政策、銀行監督、金融・資本市場、国際金融関係、賃金体系、決済・清算、養成、情報システム、資金洗浄に焦点が当てられる。

南アフリカ準備銀行 (SARB) 総裁が中央銀行総裁会議 (CGCB) の常任議長を務めている。中央銀行総裁会議 (CGCB) は1995年に南アフリカの中央銀行同士の密接な協力関係を促進及び達成させる為の特殊構造のニーズに対応する為に設立された。

出典: アンゴラ・プレス (ANGOP)

0