投資保護促進策を実務グループが議論

投資保護促進のための実務グループ協議 / 写真:ロザーリオ・ドス・サントス

この火曜日、ルアンダにおいて、投資を相互に保護し二重課税を防ぐ目的の施策に関する議論が、投資相互保護および所得への二重課税に関する条約交渉のための実務グループ協議において行われました。

大統領令によって創設されたこのグループは、外務大臣によってコーディネートされており、そのメンバーには財務大臣、経済大臣、企画大臣、水産大臣、ホテル完工大臣、商業大臣、工業大臣および国立銀行総裁の他、貿易に関係する諸機関の代表が加わっています。

アンジェラ・ブラガンサ外務協力副大臣は、アラブ首長国連邦、中国および日本との投資奨励保護に関する条約締結、ならびに他の状況において署名された議定書が優先課題であると述べました。

出典: ANGOP、Jornal de Angola

0