アンゴラと日本の二国間関係を祝福

日本・アンゴラ外交関係樹立40周年記念事業の一環として、カポソカ音楽学院オーケストラと相馬子どもオーケストラの子どもたちによるコンサートが5月21日東京・第一生命ホールにて約600人の観客を集めて開催されました。東京公演はコンサートを開催した5か所の内最終公演でした。

カポソカ音楽学院の一団は5月6日の来日後、2週間にわたるツアーの間浜松、松本、相馬、仙台、京都、広島、東京を訪問しました。松本では、才能教育研究会の本部で二日間にわたる集中セミナーに参加し、「スズキ・メソード」の創立者・鈴木鎮一氏の姪にあたり同研究会会長の鈴木裕子氏らの指導を受けました。

カポソカ音楽学院オーケストラには6歳~21歳の620名の生徒が在籍し、そのうち現在50名がアンゴラ国内外で演奏していますが、今回の来日公演が楽団にとって初のアジア公演となりました。

Source: Embassy of Angola in Japan

0