アンゴラ、南部アフリカ開発共同体(SADC)の第45回中央銀行総裁定期会議に出席

ヴァルテル・フェリペ・ダ・シルヴァ‐アンゴラ中央銀行総裁

アンゴラは、9月12日から16日まで開催される第45回南部アフリカ開発共同体(SADC)の中央銀行総裁定期会議(CCBG)に出席している。アンゴラ代表団からは、アンゴラ中央銀行(BNA)のヴァルテル・フェリペ・ダ・シルヴァ総裁と、同銀行の取締役や各役員が同行している。

会議では、南部アフリカ開発共同体(SADC)内の国々における経済改革、マクロ経済政策の分析、地域内における貿易の発展と投資、決済制度、金融市場関連の事案、銀行監督、その他、情報・コミュニケーション技術等が主題となっている。

会議に合わせて、アンゴラ中央銀行総裁は、南アフリカ準備銀行の総裁も含めた他の中央銀行総裁との会談を予定しており、関係強化やコルレス銀行に関連した議題を話し合うとされている。その他、タンザニア、ザンビア、ナミビアの各中央銀行総裁との会談も行われる。

中央銀行総裁定期会議(CCBG)は、南部アフリカ開発共同体(SADC)内の中央銀行同士の連携を高めるための特殊構造のニーズに対応するため、1995年に設立された。中央銀行総裁定期会議(CCBG) には、アンゴラ、ボツワナ、コンゴ共和国、モーリシャス、レソト、マダガスカル、マラウィ、モザンビーク、ナミビア、スワジランド、セーシェル、タンザニア、ザンビア、ジンバブエが加盟している。

Source: ANGOP

0