国会議員の就任

第6期制憲議会で議席につく国民議会議員

2017年8月23日に実施された総選挙で選出された220名の議員が、9月28日の国民議会において5年の任期で就任した。就任式にて、議員たちは祖国に対する忠誠を誓ったほか、国会議員であることを証明する議員記章を受け取った。

アンゴラ国民議会は、地方選挙で選出された90名と、国政選挙で選出された120名から成る。2017年総選挙を受けて、第6期国民議会は、アンゴラ開放人民運動(MPLA)から150名、アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)から51名、アンゴラ救国運動連合選挙連立(CASA-CE)から16名、社会改革党(PRS)から2名、アンゴラ民族解放戦線(FNLA)から1名が就任する。また、今回の220名の議員のうち、59名が女性で、161名が男性となった。

Source: ANGOP

0