アンゴラ、国連人権理事会に選出

国連旗

アンゴラ共和国は10月16日、ニューヨーク国連総会にて、2018年から2020年の任期で国連人権理事会メンバーが選出された。アフリカ大陸からは、アンゴラの他にコンゴ民主共和国、ナイジェリア、セネガルが立候補した。

総会では、アフリカ大陸から4ヵ国、アジア・太平洋から4ヵ国、東欧から2ヵ国、ラテンアメリカから3ヵ国、そして西欧とその他の大陸から2ヵ国、全体で15のメンバーを新たに選出した。

アンゴラは193議決権のうち187票を獲得した。その他選出された国家は以下の通りである。コンゴ民主共和国、ナイジェリア、セネガル(以上、アフリカ大陸)、アフガニスタン、ネパール、パキスタン、カタール(以上、アジア・太平洋)、スロヴァキア、ウクライナ(以上、東欧)、チリ、メキシコ、ペルー(以上、ラテンアメリカ・カリビアン)、オーストラリア、スペイン(以上、西欧とその他大陸)。

アンゴラは2016年に立候補を提出し、今年7月に開催されたアフリカ連合(AU)サミットにて、当連合からの支持を受けた。過去にも、2007年から2013年までの2期連続で、アンゴラは国連人権理事会のメンバーであった。

47のメンバーから成る国連人権理事会は、スイスのジュネーヴに設置され、国連総会の補助団体として、2006年の創設以来、人権の推進と保護を担っている。

Source: ANGOP

続きを読む →
0

六本木高校の生徒、大使館でアンゴラについて学ぶ

10月3日火曜日に、東京都立六本木高等学校の生徒および教職員が駐日アンゴラ共和国を訪問しレクチャーを受けた。

ジョゼ・ヴァンドゥーネン一等書記官から、大使館の業務一般、外交活動、政治、経済、経営、法律の専門知識
及び国際関係の理解力の必要性、またアンゴラの文化、歴史、社会などの説明があった。

生徒たちは、熱心に耳を傾け、多くの質問をし有意義なレクチャーになった。

続きを読む →
0

大統領、新閣僚を任命

ジョアン・ロウレンソ, アンゴラ共和国大統領

9月28日、29日、大統領令によりジョアン・ロウレンソ大統領及び以下の閣僚が任名された。

経済・社会開発大臣,マヌエル・ジョゼ・ヌネス・ジュニオール

武官長, ペドロ・セバスチャン

大統領府大臣、フレデリコ・マニュエル・ドス・サントス・イ・シルヴァ・カルドーゾ

国防大臣, サルヴィアノ・デ・ジェズス・セケイラ;

内務大臣, アンジェロ・デ・バロス・ダ・ヴェイガ・タヴァレス

外務大臣, マヌエル・ドミンゴス・アウグスト;

財務大臣, アウグスト・アルチェル・デ・ソウザ・マンゲイラ

領土・国家改革大臣, アダン・フランシスコ・コレイア・デ・アルメイダ;

行政労働社会保障大臣, アントニオ・ロドリゲス・アフォンソ・パウロ

法務大臣, フランシスコ・マヌエル・ケイロス

農林大臣, マルコス・アレシャンドレ・イニュンガ

工業大臣, ベルナルダ・ゴンサルヴェス・マルティンス・エンリケス・ダ・シ ...

続きを読む →
0