アンゴラとマダガスカル、協力体制を公表

ジョアン・ロウレンソ大統領(右)とヘリー・ラジャオナリマンピアニナ大統領(左) / 写真:Francisco Miudo

11月18日、アンゴラの首都ルアンダで開催された会談において、アンゴラのジョアン・ロウレンソ大統領とマダガスカルのヘリー・ラジャオナリマンピアニナ大統領は、二国間協力体制に関する声明を行った。会談は、二国間友好関係を向上に向けてアンゴラを訪問していた、マダガスカル大統領の滞在中に行われた。

非公開で行われた会談の最後に、アンゴラ外務省アフリカ中東局のジョアキン・ド・エスピリト・サント局長は報道団に対して、会談は二国間の定期協議の場ともなったと話した。

そのなかでジョアキン局長は、南部アフリカ開発共同体(SADC)と、両国が加盟するアフリカ連合の枠組み内の協議もなされたほか、マダガスカルとの二国間関係については、非常に将来性に優れているとした。

またマダガスカルは、コメ栽培を中心とする農業分野に優れており、アンゴラ外交官としてジョアキン局長は、「アンゴラはこうした分野において交易や協力に関する条件を作り出すことができる。」としている。

ヘリー・ラジャオナリマンピアニナ大統領は、11月19日にルアンダを離れた。

Source: ANGOP

0