アンゴラでの肥料工場建設を公表

アンゴラ共和国のジョアン・ロウレンソ大統領(右)と、ハルダー・トプソー社長兼最高経営責任者 / 写真:Franciso Miúdo

デンマーク企業のハルダー・トプソー社長兼最高経営責任者(CEO)は月曜日、年間200万トンの肥料生産規模を持つ工場を、ザイーレ州ソヨ市に建設する計画について、ルアンダでの発表を行った。

アンゴラのジョアン・ロウレンソ大統領との会談後、グループ社長のビエルネ・クローセン氏は報道団に対して、同事業が20億ドル規模の完全民間出資によるもので、3年後の竣工を予定しているとした。

工場建設により、業務に直接携わる4,000の雇用および間接的に携わる4万の雇用が創出される見込みだ。すでにハルダー・トプソー社は、建設予定地での現地調査を実行している。

2016年から2017年にかけて、アンゴラの肥料輸入の必要性は、7万トンに達した。

Source: ANGOP

続きを読む →
0

アンゴラ 国連加盟の記念日

国連総会での決議(アーカイブ) / 写真:Don Emmert

12月1日、アンゴラ共和国は国連加盟承認後の41年を迎えた。

外務省の報道発表によると、1976年12月1日、アンゴラの国連加盟承認は、1976年安保理決議第397号に基づくという。

報道発表ではまた、「正当な対話者」として、アンゴラが過去に非常任理事国(2003-2004年、2015-2016年)で2度の国連安全保障理事会の構成国であったとし、第2期中の2016年3月には、国連安保理の輪番議長国にも任命されたことを強調した。

また、国連146か国目の加盟国として、ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス第一副大統領(当時)は、ニューヨークの国連総会で演説を行った。

そのなかで、ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス氏は、当時のアンゴラ人民共和国の情勢、国家再建、抑圧された人々の統一について主張し、国際情勢内での平等な措置に対する必要性を要求した。

Source: ANGOP

続きを読む →
0