日本、ナミベ港の改修に2000万ドル提供

Photo: Pedro Parente

1月15日、アンゴラ共和国と日本の両政府は、ルアンダにてナミベ港の改修計画の第二回資金援助(2000万ドル相当)に関する交換公文に署名をした。アンジェラ・ブラガンサ外務協力副大臣と伊藤邦明、在アンゴラ日本国大使によって署名された。

外務協力副大臣は報道に対し、アンゴラが経済の多様化を図る中、この交換公文の署名により両国の経済協力は新たなページを開く、と述べた。伊藤邦明、在アンゴラ日本国大使は、これによりナミベ港における近隣諸国との海上貿易を促進することになると強調した。

ナミベ港の報道担当官は、ナミベ港の第二回改修工事により埠頭40メートルの整備が可能になると述べた。同じく2000万ドルの第一回目の資金援助では、それ以前に比べより大型の船舶の接岸が可能となった。

Source: ANGOP

続きを読む →
0

アンゴラがアフリカ大湖地域国際会議に留任

ジョァキン・ドゥ エスピリト・サント、アンゴラ外務省中東アフリカ局長

これは、今年1月から二年の任期でアフリカ大湖地域国際会議の議長を務める予定であったケニアの辞退によるもので、ジョァ キン・ドゥ エスピリト・サント、アンゴラ外務省中東アフリカ局長より発表があった。

ジョァキン・ドゥ・エスピリト・サント局長によると、議長続投は、アンゴラがブルンジ、コンゴ、ケニア、中央アフリカ共和国、コンゴ民主共和国、ルワンダ、スーダン、南スーダン、タンザニア、ウガンダ、ザンビアの加盟国をリードしてきた証であると述べた。

先週ジョージ・チコティ外相は、2月にルアンダでアフリカ大湖地域首脳会議を開催し、議長国の委任や留任について議論すると述べた。

また、外相によると首脳会議では、南スーダン、ブルンジ、中央アフリカ共和国、コンゴ民主共和国での紛争について討議、及びICGLRの新事務局長及び副議長国を選出すると発表された。

Source: ANGOP

続きを読む →
0

6月にカンバンべ第二水力発電所始動

ジョアン ・バティスタ・ ボルジェス 電力・水大臣 / Photo: Francisco Miudo

クアンザノルテ州カンバンべダムに第二発電所を設立することにより今年6月少なくともアンゴラの電力網に960メガワットが追加されることになる。ジョアン・バプティスタ・ボルジェス電力・水大臣によると、カンバンべ第二水力発電所はマランジェ州カパンダ発電所の2倍の電力を供給することになる。

大臣は、現在クアンザノルテ州で建設中のラウカダムについて、最初の2つのタービンは、2017年6月に運転を開始し267メガワットを発電することが見込まれると述べた。最終的に最後のタービンが、同年12月に始動し77メガワットを発電する。

ソヨの複合発電所のプロジェクトでは、天然ガスから発電することになり、2017年には総出力750メガワットを生産する予定である。

Source: ANGOP

続きを読む →
0

政府の優先課題分野となる農業

ペドロ カンガ農業大臣 / Photo: JAIMAGENS (Archive)

アンゴラの農業分野は、経済多様化プログラムの重要分野の一つであり、現在、国内市場の需要に生産が追いつかないため、食品の輸入に莫大な財源を費やしている。

アフォンソ・ ペドロ・ カンガ農業大臣は、2015年3月にアンゴラで開催されたアンゴラ-日本ビジネスフォーラムを経済促進に向け強力なパートナーシップを確立するためのビジネス機会となったとした。また、アンゴラの農業に適した良好な気候と食料の自給自足率を推進することの必要性から、日本はアンゴラに大きな関心があるとした。

また、大臣は日本との協力における優先分野のうち、穀類、家禽、食品加工、農業機材を挙げた。日本は、日本の技術とノウハウを利用した研究及び検査継続中の米の生産につき、既にアンゴラ国内のいくつかのプロジェクトに資金を供給しており、非常に良い結果を出している。

Source: ANGOP

2016_01_08d

続きを読む →
0

経済相が日本を訪問

森山裕農林水産大臣と会談するアブラウン・ゴルジェル大臣

3月にルワンダで開催されたアンゴラ・ジャパン・ビジネス・フォーラムのフォローアップ及び同フォーラムの共同主催者として、アンゴラ共和国のアブラウン・ピオ・ドス・サントス・ゴルジェル経済大臣が12月3日から9日まで訪日した。

日本での滞在中、ゴルジェル大臣は林幹雄経済産業大臣、森山裕農林水産大臣、星野剛士経済産業大臣政務官、木原誠二外務副大臣、逢沢一郎日本・アフリカ連合友好議員連盟幹事長、西川公也日本・アンゴラ友好議員委員会会長との会談を行った。

また、ゴルジェル大臣は滞在中に、大使ならびにSADC外交ミッションの首脳とともに朝食会に参加し、セミナーではアンゴラの経済多様化プログラムについてのスピーチを行った。そのセミナーには60か国から108名が招かれた。

ゴルジェル大臣は、国際協力銀行 (JBIC) など複数の日本企業および金融機関との会談も行い、さらに、かわさき新産業創造センター (KBIC) を訪れ、そこでは三浦淳副市長から歓迎を受けた。

情報発信元: 在アンゴラ日本国大使館

続きを読む →
0

米国、アンゴラ共和国にアフリカ大湖地域国際会議の留任望む

写真:ANGOP

2015年11月18日、ジョージ・レベロ・チコティ、アンゴラ共和国外相とアメリカのジョン・ケリー国務長官がワシントンで開催された会談の中で、アフリカの治安問題、アンゴラとアメリカ間の二国間関係、フランスで開催される天候変動の会議について協議した。

ケリー国務長官は、国際テロなど様々な地球規模の問題について意見交換を継続する意思があることを強調した。

チコティ外相はアンゴラと米国が二国間協力の下、活動をしていくことを強調した。最近首都ルアンダにアメリカ農務省の事務所が開設された事を例に挙げた。

アメリカはアンゴラが五大湖地域国際会議( ICGLR )の議長として重要な役割を果たしていることから、留任を望んでいる。

資料提供: ANGOP, Jornal de Angola

続きを読む →
0

アンゴラ中央銀行(BNA)が新しく50及び100クワンザ硬貨を発行

新しく発行された50及び100クワンザ硬貨 / 写真提供: リノ・ギアマリャエス

11月9日に新しい50及び100クワンザ硬貨がアンゴラ中央銀行(BNA)より発行されました。これらで2012年に発行された1 、5 、10、20クワンザ紙幣及び50セントを含む新しいシリーズのアンゴラクワンザを完成させました。

発表の式典ではホセ・ペドロ・デ・モライスBNA総裁が今年は経済成長の低迷及び原油価格やアンゴラへ輸出している主な製品の突然の急落にも関わらず、流通貨幣が増えており、特に硬貨や小額紙幣の利用に顕著である、と述べました。

これらの新しく発行された硬貨はアンゴラ共和国独立40周年の記念に相応しいものとなりました。

Source: ANGOP

続きを読む →
0

クスムア社会福祉・社会復帰大臣が友好関係を強化するために 日本を訪問

塩崎恭久厚生労働大臣とジョアン・バティスタ・クスムア社会福祉・社会復帰大臣 / 写真:駐日アンゴラ共和国大使館

ジョアン・バティスタ・クスムア社会福祉・社会復帰大臣が10月20日~26日まで日本を訪問された。今回の訪問目的は、両国間の友好と絆を強化するだけでなく、日本企業が従事しているアンゴラの鉱山プロジェクトの協力を確認するためでもある。

滞在中に塩崎恭久厚生労働大臣、濱地雅一衆議院議員、加藤宏JICA理事やその他外務省の高官、国会の議員等と会談した。

また、広島へ訪問の際は「広島平和記念碑」を訪れ、花輪を手向けた。

出典:駐日アンゴラ共和国大使館

続きを読む →
0

新ルアンダ空港が2017年に開港

ルアンダ国際空港 / 写真: JAIMAGENS

アウグスト・ダ・シルバ・トマス運輸大臣は新ルアンダ国際空港の建設工事が2017年4月に完了すると公表した。

同大臣は10月26日、工事の進行状況を把握する目的でアンゴラのホセ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領と共に新ルアンダ国際空港へ視察に訪れた際、このことを明らかにした。

同新空港はルアンダ中心部から40km離れた場所に位置し、敷地面積は1,324ヘクタール以上になる。設備としては31本のパッセンジャー・ボーディング・ブリッジ (PBB) 、世界最大の民間航空機エアバスA380の受け入れも可能な2本の滑走路、1,500台以上を収容できる地下駐車場、その他インフラ設備が充実する予定で、年間利用客数1,500万人を見込んでいる。

出典: アンゴラ・プレス (ANGOP)

続きを読む →
0
Page 4 of 7 «...23456...»