中央アフリカ共和国防衛大臣(国防大臣)によるアンゴラ政府の支援へ感謝

PHOTO: CLEMENTE DOS SANTOS

中央アフリカ共和国防衛大臣、マリエ・ノエル・クオヤラMarie Noel Kuoyaraは、CRAの政情安定を成し遂げるためのアンゴラ政府の支援に6月5日ルアンダにおいて感謝を表明した。

報道によると、アンゴラ側であるジョアン·マヌエル·ゴンサルベスロレンソ、Kuoyaraクオヨラはアンゴラからの参加のジョアン・マヌエル・ゴンサルベス・ロレンソとの会談において、中央アフリカ共和国が危機的状況だった時の兄弟国であるアンゴラからの救済があったことに言及した。

アンゴラにも困難な時期があったが、克服することが出来、現在は目に見える発展をを成し遂げ、学ぶべき点が多くあると述べた。

Marie Noel Kuoyaraは、各国の援助に感謝を表明すると共に特にアンゴラのホセ・エドゥアルド・ドスサントス大統領により、CARは国際フォーラムを開催出来、それにより中央アフリカ人は平和への道をたどることが出来たことのは、特にアンゴラのホセ・エドゥアルド・ドスサントス大統領からの援助について述べた。

更に、CAR大臣は、「私たちは、今、平和に向かっています。そして、発展を成し遂げるように、祈っています。」と述べました。

国連本部で平和と安全に関する会議に出席した後に、CAR国防相は、ルアンダでの短期滞在をしました。

続きを読む →
0

SADC上層部の会議

LOGÓTIPO DA SADC / PHOTO: FOTOS DE FRANCISCO MIUDO

SADC地域の与党(支配する党)の上層部のフォーラムが、6月3日 ・4日 にルアンダで開催された。このフォーラムは、地域の人々(民族)や政府に影響を及ぼしている問題のための共同解決策を模索するべく南部アフリカでの模範的な地域となることを目指し定期的に開催されている。

イベント期間中、民主主義と発展のみならず、SADC地域における紛争防止の事項が議論された。経済統合政策や人々と商品と彼らの制約の変化は、SADC地域の民主主義と安全保障を中心に、フォーラムで議論された。

ビルギリオ・デ・フォンティス・ペレイラ、MPLA党首は、アンゴラの誇りと責任を持ってフォーラムをホストすると述べた。

ナミビアSWAPO党首タエイェレ・エヴェリンは、対象国全体で取り組んでいくための年次フォーラムの開催案とSADC地域の住民の生活状況を改善する計画を提案した。

続きを読む →
0

国連ハビタット理事会のアンゴラ選出メンバー

JOSÉ SILVA, MINISTRO DO URBANISMO E HABITAÇÃO / PHOTO: CEDIDA PELA FONTE

アンゴラ共和国の国土・企画省(都市化と住宅)は、2016年1月1日より4年間の任期において、国連ハビタットの運営委員会のメンバーとして、5月25日にニューヨークで選出された。

アンゴラは、南アフリカとレソトの2015年12月31日の委任終了に伴い、南部アフリカ地域からの選出国として参加する。

ナイジェリア、ケニア、チャドも同様に選出され参加する。

アジア・太平洋地域からはバーレーンとインドが、ヨーロッパからジョージアとセルビア、ラテンアメリカ・カリブ海からブラジル、チリ、メキシコ、西ヨーロッパ諸国からはドイツとスウェーデンが選出された。

続きを読む →
0
Page 8 of 8 «...45678