アンゴラオリンピック代表団が東京へ出発

7月23日から8月8日まで日本で開催される東京オリンピックへのアンゴラ代表団の一部が今週月曜日にルアンダから出発し、イベントのステージへ向かった。
国のオリンピックミッションの責任者であるマリオロサデアルメイダが率いる代表団は、ハンドボール女子チームとセーリングチームで構成され、19日には柔道代表と26日に陸上競技代表が出発します。水泳代表はヨーロッパで合流予定です。

マリオ・ローザ氏により、代表団の39人のメンバーのうち、23人が女性で16人が男性です。

日曜日、ジョアン・ロウレンソ大統領は、オリンピックとパラリンピックのアンゴラ代表団に国旗を渡し、そのメンバーに国を称えるよう促した。

これは、モスクワ 1980、スール 1988、バルセロナ 1992、アトランタ 1996、シドニー 2000、アテネ 2004、北京 2008、ロンドン 2012、リオ `2016に続く最大の世界的なスポーツイベントでのアンゴラの9回目の参加です。

Font: ANGOP