中央アフリカ共和国防衛大臣(国防大臣)によるアンゴラ政府の支援へ感謝

PHOTO: CLEMENTE DOS SANTOS

中央アフリカ共和国防衛大臣、マリエ・ノエル・クオヤラMarie Noel Kuoyaraは、CRAの政情安定を成し遂げるためのアンゴラ政府の支援に6月5日ルアンダにおいて感謝を表明した。

報道によると、アンゴラ側であるジョアン·マヌエル·ゴンサルベスロレンソ、Kuoyaraクオヨラはアンゴラからの参加のジョアン・マヌエル・ゴンサルベス・ロレンソとの会談において、中央アフリカ共和国が危機的状況だった時の兄弟国であるアンゴラからの救済があったことに言及した。

アンゴラにも困難な時期があったが、克服することが出来、現在は目に見える発展をを成し遂げ、学ぶべき点が多くあると述べた。

Marie Noel Kuoyaraは、各国の援助に感謝を表明すると共に特にアンゴラのホセ・エドゥアルド・ドスサントス大統領により、CARは国際フォーラムを開催出来、それにより中央アフリカ人は平和への道をたどることが出来たことのは、特にアンゴラのホセ・エドゥアルド・ドスサントス大統領からの援助について述べた。

更に、CAR大臣は、「私たちは、今、平和に向かっています。そして、発展を成し遂げるように、祈っています。」と述べました。

国連本部で平和と安全に関する会議に出席した後に、CAR国防相は、ルアンダでの短期滞在をしました。

0