15ヘクタールの稲作の試行に挑む

写真:ヴァレンティノ・イエケニャ

2013年に開始されたトライアルプロジェクトの一環としてウアンボ州とビエ州の15ヘクタールの土地を使用し、様々な品種の米を栽培している。

アンゴラ農業研究所の専門家であるアドン・ゴンサルベス・ピニェイロ氏は報道に対し、米の栽培の政府の取り組みは国際協力機構(JICA)からの技術支援を受けていると述べた。

ピニェイロ氏によると、協同組合や団体に属している100人の農民が2つの州で稲作の試行に挑んでいる。また、より良い穀物を栽培する技術だけでなく、様々な品種の米の栽培に必要な天候、水と土壌はウアンボ州とビエ州が一番適しているとも述べた。

稲作の専門家は、米の試験を行った結果、最初に選ばれた21種類のうち、13品種の米を厳選し、その内の4種類が国内差、他は外国産であり大半は日本産であった。

資料: ANGOP

0