アンゴラ共和国、 新大統領の誕生

共和国大統領として初めて演説を行うジョアン・ロウレンソ新大統領

ジョアン・ロウレンソ新大統領は火曜日、ルアンダ市内の共和国広場にて、5年の任期で大統領に任命された。2017年総選挙におけるMPLA(アンゴラ開放人民運動)所属の勝者は、3万人以上の観衆の前で、憲法裁判所のルイ・フェレイラ長官によって任命を受けた。

就任式には、友好関係にある国家からの来賓が出席したほか、ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領の任期も、これを機に満了した。

困難なマクロ経済状況に直面する国家の現状を受け、ジョアン・ロウレンソ新大統領の課題は、経済の回復と多様化、ならびに政治情勢の安定にあるとされる。ジョアン・ロウレンソ氏は、アントニオ・アゴスティニョ・ネト氏(1975-1979)、ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス氏(1979-2017)に続く、アンゴラ共和国3代目の大統領となる。

Source: ANGOP

0