アンゴラ大使、成田のジェトロの店を訪問

本年5月31日、在日大使、テオドリンダ・ローザ・ロドリゲス・コエリョ閣下が、成田国際空港内の「一村一品市場」をご訪問されました。

一村一品は、JETRO(日本貿易振興機構)の取り込みで、アフリカやアジアの様々な国の生産者を宣言・支援することを目的としており、300点以上の美術品や食品を扱っている。

店内に展示されている商品は、武術品や小さい器、小さい食品が中心で、世界各地から観光やトランジットで日本を訪れ、この機会にお土産や家族への贈り物を購入しようと来店する旅行者に珍重されている。

アンゴラ大使は、これはアンゴラ製品にとってもチャンスであり、特に地元アンゴラの職人や生産者にとっては、同じスペースを利用して日本市場でその存在をアピールすることができると考えている。

訪問中には、ジェトロ海外ビジネス・サポートセンターの常味 高志次長が大使の訪問に感謝の意を表し、アンゴラ製品が展示されことを期待していると述べました。

*非公式翻訳