外務省が八女市への視察を主催

今年の6月6日、在日本アンゴラ共和国大使、テオドリンダ・ロサ・ロドリゲス・コエーリョ閣下は、福岡県の第2の都市である八女市への視察に参加しました。この視察は日本国外務省が組織したプログラムの一環であり、この国に駐在する外交団を対象としています。

外交団一行は、八女市長の三田村統之氏に迎えられ、歓迎夕食会も主催されました。

この視察は、この地域の経済と観光の可能性を紹介し、この地域の歴史と文化をより深く理解してもらうことを目的として企画されました。この地域は、温暖な気候と、矢部川や星野川などの複数の川、そして自然林の存在という利点を活かし、農業が盛んで、米、お茶、さまざまな果物を生産しています。この地域のお茶は600年以上栽培されており、日本全体で最高の作物の1つと考えられています。

この取り組みの参加者は、この地域に築かれた重要な城を中心に形成され、八女紙などの商業、産業、芸術を通じて発展したこの重要な都市の歴史について学ぶ機会を得ました。外交官たちは、自然、歴史、文化(地元の習慣や風習)、食べ物や飲み物に基づいたこの地域のおもてなしについて学ぶ機会を得ました。

外交官たちの活動プログラムは、最高級の玉露の産地として有名な星野村、茶の文化館、山間部に位置しまさに「緑のじゅうたん」となっている八女中央大茶園、伝統的な和紙工芸の材料を展示する八女芸術館の訪問、伝統的な建築様式の建物が立ち並ぶ八女・福島の町並みの散策、そして高く評価されている地酒やリキュールを生産する喜多酒造所と横町町家交流館の訪問で最高潮に達した。

この取り組みは、この視察に参加した大使閣下と外交官たちに大いに称賛されました。彼らは、日本南部の人々の伝統的なルーツについて学ぶ機会としてこれを捉え、参加できたことに喜びを表明しました。

*非公式翻訳