アンゴラとボツワナの関係 – 両首脳の会談

2024年6月14日

SADC本部での忙しい一日を終えた後、アンゴラ共和国大統領はハボローネの大統領官邸に行き、モクウェツィ・マシシ大統領との表敬会談を行った。

両首脳は単独で会談し、その後、それぞれの代表団の前で両国間の協力関係の強化への希望を語った。

ルアンダとガハボローネは、昨年7月にジョアン・ロウレンソ大統領がボツワナを訪問した際に合意された精神に基づき、国民と経済の利益のために具体的な行動を展開することに多大な関心があることを改めて表明した。

*非公式翻訳